どうしても買いたいモノがあればお金は借りればいい

お金を借りるということに、抵抗感を感じるひとは、少なくありません。

しかし、実際にはそんなに難しく考えることはありません。

わたしは、欲しいものがあればクレジットカードのキャッシングで買いますし、キャッシングの枠がいっぱいになったり、クレジットカードが使えないものがあれば消費者金融からお金を借りて買い物をします。

なんといっても、いま欲しいモノはいま買わないとなくなったり廃版になってしまい手に入らなくなってしまいますからね。

そして、消費者金融からお金を借りるのも手間がかかるのは最初だけです。
最初は、手続きしたり本人確認があったりと面倒くさいですが、一度枠が決まってしまえばあとは銀行のカードと一緒でコンビニで簡単にお金が引き出せます。

ただ、注意しなければならないこともあります。
消費者金融で100万円とかの枠があると、あまりにも簡単にお金が使えるようになってしまうので、それがあたかも自分のお金のように勘違いしてしまいがちです。

お金は借りているものですので、必ず返さなければなりません。

ですから、お金がほしいときにお金を借りるためには自分なりのルールも必要です。

毎月いくら返せるのかを考えて、いつまでに返せるのかを考えておかないと借金ばかりが増えていってしまいます。

まあ、とは言ってもわたしの場合は、たいがいは返しきる前にまた新たに欲しいモノが見つかってお金を借りて買うことになってしまうのですが。

ただ、借りたら返す。この原則だけ守れば、欲しいものがあればお金を借りて買えばいいとわたしは思います。

どうしてもお金がほしいとき、キャッシングか親か迷います

お金が足りないとき、私はいつも「どうしようかな」と考えます。クレジットカードを持っているのでキャッシングをするか、いや、キャッシングをしたらリボ払いにしてあるから返すのに時間がかかるなあと考えたりします。となると、次に考えるのは親兄弟から借りるという手です。親から借りれば無利息無担保で貸してくれるのでいいのですが、そのぶん、家庭内ではお金に関して言われることになります。

結局、どうしてもお金がほしい時は「キャッシングか親」という選択肢になってしまうわけです。時間的に余裕があれば短期のアルバイトをしてお金を稼ぐという方法もあります。派遣会社に登録して単発のアルバイトをし、1日だけでもいいのでお金を稼いでくるということもできますが、緊急の場合にはそうも言っていられません。そして親もお金がなかった場合には、やはりキャッシングをすることになります。

そのさいに覚えておきたいのは「枠」です。私は幸い、キャッシング枠が50万円ほどあるので、必要なときに借りることができます。ではなぜすぐに借りないのかというと、冒頭にお話した「リボ払い」があるからです。リボ払いは毎月1万円の返済をするとしたら、2,000円ぐらいは利息で持って行かれますので、その利息分を考えると簡単には借りることはできないのです。

しかし、背に腹が変えられないときには、リボ払いにしてでも私はお金を借りるでしょう。キャッシングというのはそういうときのためにあるのですから。

内緒でお金を借りると必ず家族にいつかはばれます。

家族に内緒でお金を借りる

最初は少しだけだからすぐに返せばいいやなどという思いで家族に内緒でお金を借りるというような人は多いのかもしれませんが、私的にはお金を秘密で借りるといつかは必ずばれると考えています。

家族間では毎日顔を合わせて時間を過ごしていくので、ふとした会話や表情でいつの日か秘密にしたことというのはばれる物だと思うのです。何か違和感がでてきてしまうのですよね。

友達だと毎日毎日顔を合わせなかったりすべてが本音じゃなかったりするのでわからないかもしれませんが、家族ともなると思いっきりばれることは確実だと思うのです。

特に浮気や借金系はバレやすいのでは?なんていう先入観があります。

出張が多かったり単身赴任をしていたり仕事ですれ違っている夫婦間だったりするとばれにくいのかもしれませんが、逆にいうと家族間・夫婦間で中の良い家族の人ほどばれやすくなってしまうかもしれませんね。

とにかくばれた時のことを考えると怖いので、ばれるのならば最初に話をしてからお金を借りたりした方が無難だと思うのです!

私は緊張に弱い女。本当は免許なんか欲しくな~い

私の住んでいる所は九州の端っこの田舎なので、どうしても車の運転ができないと都合がわるいので、親に言われるまま高校を卒業してすぐに、自動車教習所へ通い始めました。私は勉強は嫌いですが真面目なことは真面目なので、学科などは出れる日には毎日出席し、自動車教習もきちんと出ていました。

ところが私はすぐに緊張する性格なので、先生と車でふたりきりになると、運転するのが怖いものですから、集中しきってしまい冗談もいえないような状況でした。そして仮免検定の時、その精神的なもろさが出てしまったのです。

その弱さというのが、苦手な場面でのパニック現象です。私はマニュアルで免許を取ろうとしていたので、坂道発進での半クラッチを苦手としていたのですが、その坂道発進でパニックになり、そこで検定中止になりました。

親には頭を下げて免許ローンを借りて次の週、また仮免を受けてようやく受かり、路上教習を経て無事卒業。運転免許試験場でようやく免許を取ることができました。

今でも運転は苦手ですが、歳を重ねたせいか、以前ほどは緊張もせず、図太くなった気がします。

主婦になってからの金銭感覚

結婚してからすぐに、正社員で長年勤めていた会社を辞め、半年ほど専業主婦というものを経験したことがあります。

夫の給料だけでも贅沢をしなければ、なんとか暮らせましたが、やはり、今まで自分のお金で趣味やお洒落に費やしていたので、それができなくなって、とてもストレスが溜まりました。

今すぐにでもお金を借りたいときは毎日そうでした。
今すぐお金がほしいときに助かる即日借入可能なローン

夫からは食費意外におこづかいとして2万円もらってました。しかし、基礎化粧品、コンタクト代、お友達との付き合い費などで、はっきり言って全然足らず、今までの貯金を切り崩していました。

結局、専業主婦に不満を感じ、また働きに出ました。本当は妊娠を早く希望していたので、今働いたら中途半端になってしまうなと思ったのですが、やはり、お金を優先させました。

今はパートで働いていますが、月5万円でも、あるとないのでは大違いです。それに、共働きということで夫も家事を手伝ってくれるので、楽です。

女性だからお金を得したことは、男性に食事をおごってもらえるということですね。会社の2次会などは無料になったり、男性に養ってもらえる可能性が高いのは女性ではないでしょうか。

とにかく、やはり結婚しても、自分で働いてお金を得るというのは大切なことだと思います。

中学生になった息子が剣道部に入ると言い出した!

中学生になった息子が、突然剣道部に入りたいと言い出しました。えっ?剣道?小学校はずっとサッカーをしていて息子です。よくよく話しを聞いてみると、サッカーを続けていても選手になるのが難しいとかで、だったら、中学校から始める人が多い剣道だと選手になる可能性が高いというのです。

そして、学校から渡されたプリントを見てさらに驚きました。面、胴、小手、垂の4点の剣道具、竹刀、剣道着、袴、防具袋一式と値段が書いてあるのです。全て購入したら、115,000円というのです。

中学校の入学時に、制服やらカバンやら靴を買って普段の出費以上のお金が1月から3月にかかっています。それに加えて10万円を超す出費!

結局、普段の生活は主人の給料と私のパート代でぎりぎりの生活をしているので、実家の母にお願いしてみることにしました。初孫で、息子のことを小さいころからかわいがってくれている母です。

おまけに剣道部に息子が入ることになったと聞いたら、父まで喜んでくれて、孫へのお祝いとは別に10万円を包んでくれました。
ありがとう、お父さん、お母さん。まだまだ脛かじりの娘です。

散歩が好きな父へのプレゼントはこれ!

父へプレゼントをする機会といえば、父の日と誕生日があります。我家では、どちらも、妹と2人で出し合って、本人が希望するものを事前に調査して、プレゼントをしています。

一番最近のものが、父の誕生日でした。この時は、母からのアドバイスでプレゼントを決めました。もう「欲しいもの」「必要なもの」なんてそんなにないのですよね。70才も過ぎると、何でも持っていますし、欲しい時に買ってしまいます。

そんな中母が教えてくれたのは「コーヒーショップのコーヒー券」でした。

ちなみに我家では、そんな高価なものはあげていません。2人合わせて2~4千円くらいのものです。その分、プレゼントの他に、ケーキを買っていったり、孫たちが手紙を書いて、ワイワイお祝いすることはあります。

父は健康のため、毎日たくさん歩いています。時間があれば、日に何度でも、1時間くらい歩きに行きます。その途中で、時々コーヒーショップに入るのが楽しみになっていたようでした。母だけが知っている情報、ありがたかったです。

珍しく、父には内緒でのプレゼント。父は「?」という顔で開けると・・・「ああ、これがいいんだよ。これがよかったんだよ!」と嬉しそうに言いました。こんな反応を見たことはあまりないので、余程ドンピシャだったのでしょう。

散歩をするたびに、私達を思い出してくれたら嬉しいなと思います。また来年も同じでいいかもしれませんね。